ハーブティーの淹れ方

ここでは、簡単なハーブティーの入れ方をお伝えします。

用意するもの

入れ方2.jpg

ティーカップ・ティーポット・スプーン・茶葉


①ティーカップ1杯分(約200cc)に対して、小さじ2杯程度のハーブを使います。
 根や茎のハーブは下に沈んでいるので、よくかき混ぜてから入れると美味しく仕上がります。

 

irekata 3.jpg


②沸騰した後、ブクブクがおさまった程度のお湯(95~98℃)を静かに注ぎ、フタをします(なければラップでもOK)。
 フタをして蒸らします。抽出時間は、それぞれの袋に記載しておりますが、花や葉は3~5分、実や種は5~8分が目安です。

入れ方4.jpg


③蒸らし終えたら、茶漉し等を使って濾しましょう。フィルター付きのティーカップは便利なのでおススメです。
 しっかり出して、ハーブの旨み成分を全ていただきましょう。
 茶葉を入れたままにしておくと、苦みや渋みなどが出てしまうので注意しましょう。

入れ方5.jpg


④ティーバッグの場合も同様です。
 1杯分にティーバッグを1つ。蒸らし終えたら取り出しましょう。
⑤美味しいハーブティーの出来上がりです。
 まずは香りをお楽しみください。そして、美味しいハーブティーをお召し上がりください。

入れ方1.jpg


*水出しの場合
ボトルなどに水とティーバッグを入れて、一晩冷蔵庫に入れておいてください。
朝には美味しい水出しハーブティーの完成です。(少し濃いめが良いですよ)

 

IMG_3652.jpg

 

 

いかがでしたか?

 

蒸らし時間、濃さなどは、お好みの味や体調で変わっていくものです

細かいことにこだわらずに、自由に創られても、全く問題はありません

ぜひ創ることから楽しんでください♪