Himwariのひとり言

2019-03-30 19:00:00

続 笑顔を紡ぐ

 

 

いきなりこのページに来た方

まずはこちらからどうぞ

 

いつか メリーさんの話もしたいですね…

 

 

さてさて

 

 

少年だった私も

 

時空の歪に取り残されることもなく

アデラインのような人生も送れず

 

あっ アデラインの話もしないと

 

 

後頭部も薄くなってきた昨今

 

 

それは突然

 

デジャブのように

チャンスが訪れるのです

 

ファストフードでの出来事

 

やんちゃ坊主どもが(多分兄弟?)

所狭しと走り回って…

 

ちっこい方が すっころんだんだよね

 

持ってたソフトクリーム 豪快に吹っ飛ばしてね

 

なんか泣き出して

面倒くさいなぁ とかうるさいなぁ なんて

親 どこだよ なんて思ってると

 

ここだ!

 

と思って

 

急いでソフトクリームを買って

色々な美化された過去を 走馬灯のように思い出しながら

 

ちっこい方に

 

「大きくなったら 悲しんでいる人 2人を笑顔にしてあげてね」

 

って差し出したら

 

 

 

おっきい方が

 

「知らない人から もらっちゃだめだよ!  行くよ!」

 

って

 

 

 

 

去ってしまった…

 

そう

 

去ってしまったのよ…

 

 

 

 

赤い爪のお姉さん

 

貴女には まだまだ追いつけそうもないです

 

 

Smile begins with a smile

 

 

まずはマニキュアからかな…

 

 

(注)差し出したソフトクリームは スタッフが美味しく頂きました